妊娠中の身体の悩み、改善してみませんか?

  • つわりがひどい
  • 妊娠中、腰痛がつらい
  • 妊娠してから足がつるようになった
  • 下半身がしびれる
  • 股関節の痛みを感じる
  • 逆子といわれ心配している

妊娠中は体に色々な負担がかかっています

妊娠中は体の中で赤ちゃんが成長していくので、当然、体にとっても大きな変化が起こっています。
そのため、妊娠中はさまざまな変化に伴う症状で悩むことがあるかもしれません。

つわりがひどい

妊娠すると妊娠ホルモンであるヒト絨毛性ゴナドトロピンが分泌されるようになります。
このホルモンは妊娠を維持させる働きがあるのですが、胃酸の増加、ストレス、疲労といった影響もあるため、つわりが起きやすくなります。

腰痛・坐骨神経痛

妊娠に伴い急激な体重増加や、出産のために骨盤を開く働きのあるリラキシンというホルモンの分泌が多くなります。
また、骨盤内に血液をためる働きもあります。
骨盤の開きがある分、不安定な状態になり神経などを圧迫する状況が起きやすいため腰痛や坐骨神経痛が起きやすい状況となります。

足がつりやすくなる

妊娠後期になると足がつりやすくなるお母さんたちが多くなります。
体重が増えている事による負担というのもありますが、赤ちゃんの成長に伴い子宮が大きくなるため、足の静脈への圧迫などから血流が悪くなるといった原因も考えられます。

逆子

妊娠中のエコー診断で逆子だという事がわかると不安に感じると思います。
子宮の中で赤ちゃんは自由に回転する事があるのですが、何らかの原因で回転を妨げられている場合もありますが、原因ははっきりとわかっていないというのが現代医学の意見です。

妊娠中の治療が出来るって本当ですか?

妊娠中に起きる様々な体のつらさや痛みは、整骨院での治療で改善が可能です。
妊娠中は治療自体が出来ないと思い込んで我慢しているというお母さんたちも結構いらっしゃいますが、あまり我慢を続けているとその我慢自体が大きなストレスとなって自律神経のバランスをくずしたり、免疫力を低下させる原因となりかねません。
妊娠中でも可能な治療を進めていき、体への負担を少なくすることが出来ます。
なお、妊娠中は電気治療は禁忌です。
ご了承ください。

妊娠中の治療はご相談ください

妊娠中の身体のつらさ、我慢は良くありません。
妊娠中でも横向きになっての施術を行う、逆子のお悩みも鍼灸治療で改善する例もあります。
お母さんの身体への負担を少しでも軽く、そして出産に向けた体作りが出来るように当院ではサポートしていきます。