こんな五十肩の悩み、改善してみませんか?

  • 肩を上げると痛い
  • 腕を上に上げにくくなってしまった
  • 服の脱ぎ着が大変
  • 肩の痛みがずっと治らない!

五十肩の症状は突然起こる場合が多い

五十肩は40代~50代の人に多く見られる症状のため、四十肩、五十肩と呼ばれています。
日常の生活の行動で後ろにあるものをとろうと手を伸ばした時やゴルフのスイング、服を着ようとした時など、ちょっとした動きがきっかけで突然の痛みを感じるといった症状です。
個人差はありますが、中にはしびれを伴うという人もいます。

突然の痛みがあってから腕が上に上がらない、手を後ろに回すことが出来ないようであれば五十肩を疑っても良いです。

五十肩は痛みの時期や進行具合で自覚する症状に違いが出てきます。

初期の症状

急性期と呼ばれ、肩が痛む、違和感があるといった不調を感じるようになり、腫れた感覚や熱を持ったような症状の例もあります。

進行期にみられる症状

夜にズキズキとした感覚で痛む夜間痛が起きる場合があります。

拘縮期

痛みはまだ続き、痛みと共に腕を動かしにくくなってきます。
服の脱ぎ着がしにくくなるのもこの時期の特徴です。
慢性期ともいわれ、数日での回復は見込めません。
個人差はありますが、半年から1年はかかります。
この時期に痛みがあった周辺の組織が癒着をしだすので、肩や腕が動かしにくくなってきます。

五十肩と間違いやすい別の疾患の可能性も

肩が痛いから五十肩かも?とおもっている中にはもしかしたら下記の別の疾患の可能性もあります。

肩峰下滑液包炎

肩峰下滑液包が炎症を起こしている状態です。
五十肩との違いは、痛みはあるものの動かす事はできます。

石灰沈着

40代、50代の女性に多く、肩腱板内に沈着してくるリン酸カルシウム結晶が原因で痛みや運動制限が出てきます。

上腕二頭筋長頭健炎

上腕二頭筋部分をつないでいる長頭腱と短頭腱の炎症による痛みがあり、スポーツをしている人におきやすいです。

腱板損傷

腱板損傷による痛みが出てきます。
スポーツや転倒、打撲などの原因がありますが、加齢による損傷も見られます。

まずは医療機関への診察を

突然起こる肩の痛みはつらいものです。
年齢的にも五十肩だろうなと思い、そのまま様子を見ていても治ると思っている人も多くいます。
先程ご紹介したように、五十肩だと思ったら実は違う疾患だったという例もありますし、そのまま様子を見ていたら治りが遅くなってしまったという例も多く見られます。
まずは医療機関での診察を受け、もし五十肩だった場合は、痛みを感じた後の症状や時期に合わせた施術を行う事で治りが早くなることも期待できます。
五十肩で動きがままならない、早く五十肩を改善させたいという場合は当院にご相談ください。