2020.07.29

施術について

【石津川 整骨院】インナーマッスルトレーニング(楽トレ)

身体を支える筋肉を鍛えようとする際に効果が出るのはアウターマッスルと呼ばれています。

ここ最近、インナーマッスルを鍛えるという言葉を見かけますが、通常の筋トレだけではなかなかインナーマッスルまで鍛える事は出来ません。

そこでおすすめしたいのがインナーマッスルトレーニングです。
当院で取り扱っているインナーマッスルトレーニング(楽トレ)についてご紹介します。

インナーマッスルトレーニング(楽トレ)ってなに?

当院で取り扱っているインナーマッスルトレーニングは、世界で唯一、インナーマッスルだけを鍛える事ができる機器です。

インナーマッスルを鍛える目的で特許を取得している「楽トレ」という機器を使い、患者さんの身体の必要な場所にパットを当ててそこから電気刺激を与えるという方法で行われます。

この方法を聞いてなんとなく思いつくのが一般的に言われるEMS機器ではないでしょうか。

例えばテレビで宣伝している腹筋用のパッドは、アウターマッスルに作用するので腹筋を割るという目的にはとても効果的なのですが、インナーマッスルまでは鍛える事が難しいです。

楽トレを利用したインナーマッスルプログラムは、当整骨院に来られるほぼすべての患者さんが悩まれている症状への対応、適用が可能です。

EMSで鍛える仕組み

EMSは複合高周波機器です。
低周波と高周波を交互に出しています。

  • 低周波
    肌に近い部分の筋肉を動かします。
  • 高周波
    身体の奥にある深層筋(インナーマッスル)に働きかけます。

通常、筋肉を動かす際は脳の指令を経由して動かすことになりますが、筋肉へ直接電気を流し、筋肉を刺激する事によってトレーニングを行うことが出来るのです。

どのくらいの運動効果が期待できるのかというと、一例として30分使用した場合、9000回もの筋収縮運動が可能です。

寝たままの状態で行うことが出来るので、身体に無理がかからずにトレーニングを行えるといったメリットがあります。

当てはまる症状はありますか?

下記はインナーマッスルプログラムを受けられる事が多い症例の一例です。

・肩こり
・腰痛
・頭痛
・膝痛
・股関節痛
・五十肩
・神経痛
・ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・頚椎症
・生理痛
・尿漏れ
・便秘   
など

他にもインナーマッスルと鍛える事により、理想のスタイル維持にも役立ちます。

スタイルを良くしたいと思ったり、姿勢を良くしたいといったお悩みを持った方にとってもインナーマッスルトレーニングは有効です。

インナーマッスルトレーニング(楽トレ)の効果

私たちがインナーマッスルで一番大切にしているのは、骨盤の中にあり腰の関節と太ももの骨をつないでいる腸腰筋というインナーマッスです。

腸腰筋というインナーマッスルは体の中で唯一上半身と下半身をつないでいる筋肉となります。

骨盤をまっすぐ支えたり、体を本来の位置に安定させる筋肉になりますが、この腸腰筋の衰えによる体の不調を感じている患者さんが多くいらっしゃいます。

ここ30年前と比べて世界的に腰痛患者さんが約2.5倍に増えているというデータもあるほどです。

インナーマッスルトレーニング(楽トレ)を行う事で、以下の効果を実感される患者さんが多くいます。

・腰痛やヘルニアなどの痛みに関する身体のお悩み
・肩こりや頭痛などのお悩み
・生理痛や便秘といった女性に多い身体のお悩みの改善
・姿勢を正す
・スタイル維持に役立つ

当院のインナーマッスルトレーニング(楽トレ)について

当院で行っているインナーマッスルトレーニング(楽トレ)は身体の内側、重要な部分を鍛える事によって体と心の健康を手に入れる事を意識しています。

身体の内側からの健康を作り上げるアディポネクチン

ここ最近の研究では、インナーマッスルを鍛えることによってアディポネクチンという体を活性化させる若返りホルモンが多く分泌される事が研究でわかりました。

アディポネクチンというのは脂肪細胞から生まれると言われています。
効果の高い若返りホルモンという事で世界中の製薬会社がこぞって薬にするための商品化に動いているほどです。

アディポネクチンがなぜ体にとって良いかと言うと、アディポネクチンの分泌によってサーキュイン遺伝子が活性化します。

サーキュイン遺伝子というのは最近流行っているファスティング(断食)などによって生まれる若返りの遺伝子です。

例えば貧しくて環境も悪く常に飢えているような国の方が出産率は高い傾向が見られる一方、日本では少子化が問題となっています。

人間というのは食べるものに恵まれ、ぬくぬくとした環境であれば幸せに感じるかもしれませんが、食べるものもない劣悪な環境であれば「このままではやばい!子孫を残さねば!」と生殖の力が強く働こうとします。

その時に力を発揮するのがそのサーキュイン遺伝子です。

また断食ファスティングというのがダイエット目的だけではなく、美容面にも良く、精神的な安定をもたらし、体調面が改善するといった効果も今見直されています。

サーキュイン遺伝子の働きは美容、健康に重要!

サーキュイン遺伝子によって活性化された細胞は以下のような働きをしてくれます。

・活性酸素の除去
・細胞の修復をする働きもあります。
・脂肪燃焼
・シミやシワ予防

・動脈硬化や糖尿病といった疾患の予防

このようにサーキュイン遺伝子の活性化は、体の若返りに大きく関わり、健康寿命を延ばす働きがあります。

インナーマッスルを鍛えることによってアディポネクチンホルモンが分泌され、サーキュイン遺伝子が活性化されると細胞に含まれているミトコンドリアが元気になります。

体が芯から元気になる状態を作ることができると考える事が出来ます。

精神的な安定が生まれる

昔の日本人というのは、着物を着て正座して食事をとり、畑仕事など非常にインナーマッスルでもある腸腰筋を使う生活習慣をしてきました。

現代ではデスクワークが増えたりスマートフォン、パソコンによる時間が増えているため、腸腰筋を使う機会も少なくなり、過去を例にないぐらい腸腰筋をはじめとした骨盤のインナーマッスルが極端に衰えている人が増えてきています。

昔から日本人は「肚が据わる」「肚が決まる」というように肚の文化というのを大事にしていました。

おそらく精神的な安定や決断力、人生を前に進める根っこの力というのは丹田を意識して精神を安定させていたように、骨盤の中のインナーマッスルも大きく影響していたのではないかと考えています。

経営者の方や受験生、ビジネスマンなど、ストレスを多く感じてらっしゃる方が当院でインナーマッスルを鍛えることによって常に精神的な安定が生まれたと喜ばれる方も大変多いです。

以下の方はインナーマッスルトレーニングを受ける事が出来ません

インナーマッスルプログラムの禁忌としては体に電気をあてる治療になりますので以下の条件に当てはまる方は受けることが出来ません。

体内金属が入っている方
・心臓の弱い方
・心臓にペースメーカーを入れている方
・妊娠中の方
・入れ墨、タトゥーを入れている方

まとめ

現代人はインナーマッスルと必要とした動きがあまりないという理由からインナーマッスルが衰えがちです。

インナーマッスルトレーニングの楽トレを行う事で、普段使わないインナーマッスルを鍛えることが出来、腸腰筋の衰えが影響していた体の不調や痛みの改善、美容面ではダイエットや姿勢の改善スタイルの維持などにも役立ちます。

身体の内側から整える、精神の安定などトータル的な健康を意識したいという方は当院へご相談ください。